忍者ブログ
2000年から始まった越後妻有アートトリエンナーレの見学記録です。 2009年も開催中!
2019-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012、3年に一度のお祭りが帰ってくる。
大地の芸術祭2012

会期: 2012年7月29日(日) ― 9月17日(月・祝) 51日間
開催地: 越後妻有地域 (新潟県十日町市、津南町) 760 K㎡
主催: 大地の芸術祭実行委員会
共催: NPO法人越後妻有里山協働機構
料金: 一般 3,500円 (前売3,000円)
高・専・大学生3,000円 (前売2,500円)
中学生以下 無料

今年から県と市のテコ入れがないイベントになります。
さらにいい作品が見られることを期待。

公式サイトはこちら
PR

これは大地の芸術祭の観覧ブログです。

この芸術祭は五感で楽しむアートであり、それぞれの捉え方もあるので

敢えて自分の感想やネタバレになりそうなことは書かないようにしています。

現地に行ってのインフォメ?等、気がついたことは書いてますが…

見た人それぞれの「越後妻有・大地の芸術祭」を楽しまれてください。

 「越後妻有アートトリエンナーレ」の「トリエンナーレ」の原意はイタリア語で「3年に一度」だそうです。

◎下条にガイドブックには載っていない作品「No.277 戦後のラブレター」があります。

建物モノ開館時間は10時~17時30分、です。

越後妻有・大地の芸術祭2009 7/26~ 9/13 → 公式サイト

新潟市・水と土の芸術祭2009 7/18~12/27 → 公式サイト


今年も新潟がアートで熱くなる!

作品感想等は→のリンクにあります(かなり遅いです)
写真にカーソル当てると「ひとこと」あるのも。
全作品(イベント除く)見学完了しました。
前半は雨にたたられましたが、やー回った回った。
こへび隊、案山子隊、地域集落のみなさま、ありがとうございました。
今年も妻有ありがとう!

今年の完成図は?
パスポート&期間中重宝したケース

心残りは時間がなくて「車座おにぎり」に参加できなかったこと、
映画「小屋丸」が見れなかったことでした・・・。

さーて、これからゆっくりと(←オイ)見学記書くぞっ。
No.39 2003年~

「越後妻有交流館「キナーレ」」  2003年作品
FMとおかまちは2階
 原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

「アーチの森 2009」  2009年作品
1階内はアーチがいっぱい
 武蔵野大学 水谷俊博研究室

「絶対交換会」  2009年作品
「白犬たまみ」ちゃん
 中村未歩(日本)

「Sleeping Mail 時間差レター2」  2006/2009年作品
3年前のハガキに会えました
 原游(日本)

「無くしものテント」  2009年作品
無くしたものは戻ってくるか
 武藤亜希子(日本)

「絲の家プロジェクト」  2009年作品
この手ぬぐいいいな・・・
 眞田岳彦(日本)

「大地」  2009年作品
映像作品
 三田村龍伸(日本)

「RE 裂衣来瑠(リサイクル)」    2009年作品
古布で裂き織り
 綿貫和美(日本)

「空の水」    2003年作品
風呂に入らないと見られません
ジャン=フランソワ・ブラン(フランス)

[キナーレ]  
No.9 水谷一(日本)  2009年作品

壁が隆起

[漉野・旧東下組小学校]
校内に7アーティストの作品
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
comment
シークレット(返信済)
(09/17)
音聞いた(返信済)
(09/11)
(08/22)
trackback
管理人:越後のかなへび
ガイドブックの補完用
QR
counter
"かなへび" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]